2016年12月15日木曜日

12/15  座間宮のメッセージ「どうすれば市民が選対に入れるのか」他

このエントリーをはてなブックマークに追加
皆様こんにちは!

現在座間宮ガレイは全国を勉強会で回っています。
昨日TwitterやFacebookに投稿したメッセージを中心にこの無料メルマガで紹介しています。
ご登録して、ぜひお役立てください。

★★★お知らせ★★★

新しく、新聞読み方講座をスタートしました。
これからお勉強会を開きたい人のために企画書を書きました。

▼お勉強会を開く人のための「企画書」
https://docs.google.com/document/d/16qYgFx_eP02LDrjL_Y_1fhOLmQhj9NZ2XeK6--qyK00/edit?usp=sharing

▼【New!!】【本部】座間宮ガレイの「新聞☆読み方講座」
https://www.facebook.com/groups/1668035853511904/

▼【本部】座間宮ガレイの選挙お勉強会Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/1473840289600928/

▼【New!!】【スケジュール】お勉強会(選挙・新聞読み方)
https://docs.google.com/spreadsheets/d/11ZkkcmPCSShRE9wl1OhRs9xTNjuk9phHPTEXntKa_-k/edit#gid=0
※お勉強会のご依頼など、このメールにご返信すれば届きます。

▼【この無料メルマガの登録フォーム】毎日とどけています。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu

▼【初の著書】 一億総選挙革命/座間宮ガレイ
https://www.amazon.co.jp/dp/4906913539

★★★★★★★★★★

【運営情報】
座間宮の無料メルマガの運営にご協力ください。
お買い物の際は、以下のURLからしていただければ幸いです。

■楽天利用はこちらから
 http://www.rakuten.co.jp/?scid=af_pc_link_urltxt&sc2id=262089592

■Amazon利用はこちらから
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906913539/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4906913539&linkCode=as2&tag=zamamiyagarei-22

※何を購入しても、金額の数%が運営費になります。
よろしくお願いいたします。



________

《メッセージ1》
________
 

選挙は単純ではない。
「ゆめゆめ自分たちだけが正しい」
という罠に陥らないことだ。
 
「誰もが自分は正しいと思っている」
 
というところに真実がある。


 
________

《メッセージ2》
________
 
【超重要】森ゆうこさんに聞く「どうすれば、市民が選対に入れるのか」
 
昨日の「勝った選挙から学ぶ」イベントでの私の質問に森ゆうこさんが答えてくださった。
多くの発言内容は、 外山麻貴 さんによって書かれているから( https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1047938578649994&id=100003015860492 )、私は、もう少し、「踏み込んだところ」について重点的に書こうと思う。
 
私の全国における取材の結果、次のことがわかってきている。
 
・全国的に市民が選挙対策本部に関われていない。
・新潟では、選対に準ずる組織「オールにいがた平和と共生」に市民が関わっている。極めて珍しい事例だ。
 
では、なぜ、新潟では、「市民」が選挙の中心に関われることができたのか。
 
それ以外のところでは関われなかったのか。
 
それについて、私は以下のように聞いた。
 

「新潟は全国でも極めて珍しく、野党と市民が組織を作って選挙をやれた地域だ。基本的に市民側は、政党と対立関係に陥っていてうまく言っていないように私は感じる。政党や政治家から相手にされていない場所がほとんどだ。
 
だからこそ、新潟で市民が関われた理由を知りたい。
 
新潟の参院選の統一候補決定の流れの中で、注目すべきは先程発言された『市民から統一候補になってほしいという要請を受け出馬会見をした』という発言だ。
それによって、「出馬を決める最初から市民が関わっていったからこそ、選対の中心に市民が関われるようになったのではないか」と言う仮説を私はたてましたが、これについてはいかがでしょうか。」
 
これについての森ゆうこさんの答えを箇条書きで書く。
 

 
「それはちょっと違う」
 
「私は、随分前から市民と絡んできた。給食がテーマだったり」
 
「そもそも私の町議としての出馬は、当時行っていたまちづくりに関する市民運動が発端だった。」
 

 
記憶が完全ではないので、これぐらいにしておくが、重要なのは、そもそも森ゆうこさんは「市民」とのつながりがあったということだ。
 
市民側に立って考えれば、選挙になって初めて、突然関係性を作るのではうまくいかないのではないか、という風に私は受け取った。
 
政治家や政党とのパイプも乏しく、意思の疎通が行われない中で
 
「政治家や政党が言うことを聞かない」
 
と主張してしまうのは「パイプがない」ことが理由だ。
 
パイプがないということは、市民側はこれまで、フェイストゥーフェイスでの信頼醸成を疎かにしてきたということでもある。
  
全国の野党共闘の選挙を見ていると、市民側のプライドが高く(それは悪いことではない)、「市民主導」と主張する傾向があるようにみえる。だがそれは「急遽」生まれた意識であり、地に足がついていないように感じる。知識もなければ経験もない。なのに「市民主導」という意識が先行してしまい、実が伴っていないのではないだろうか。歴史と経験が浅いことが理由だろう。
  
それはそれで私は悪くはないと思うのだが、そのときに、選挙についての経験もなく成熟していないことが理由で、政党に対して対立関係を知らず知らずのうちに取ってしまうのだ。市民運動にとって政治とは「要求をする相手」であることがそうさせてしまうのではないか。
 
 
ちなみに、イベントが終わったあと、長年小沢一郎を応援してきた老紳士から
 
「あなたは勉強しているね。新潟は昔からまとまるムードなんだよ。あそこは特別なところだ」
 
というお声をかけていただいた。
 
常に先人から学び、歴史から学び、総括し、効果的に学んでいければと思う。
   
________

《メッセージ3》
________
 
【超重要 大収穫♡】森ゆうこが語る「連合」〜「頼りになる」「仲直りしている」〜
 
多くの「野党共闘」に関心を持つ「市民」を目覚めさせるために、私はこれを広く広めたいと思う。
 
多くの発言内容は、 外山麻貴 さんによって書かれているから( https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1047938578649994&id=100003015860492 )、私は、もう少し、「踏み込んだところ」について重点的に書こうと思う。

 
ここ最近、ネット上では「連合叩き」が生まれている。
 
それは、新潟県知事選挙と東京第10区の選挙において、続けざまに、「市民」(このフレーズにもいつも違和感があるが)と「民進&連合」がうまく行かなかったことから生まれた、市民側のフラストレーションがそうさせているのだろう。
 
ただし、私の取材では、連合たたきの発端となった「新潟県知事選挙」においての連合は、「全く悪者ではなく被害者である」ということが判明している。
 
連合は、13日の段階で、選挙までもう時間がない中で、
 
野党側の候補者がいないために、
 
ただ1人の知事候補に「支持」を出した
 
ということが報道からわかる事実であり、それは、そのタイミングでは致し方がなかったと捉えることがよいだろう。
 
というものであり、
 
振り返れば参院選において、連合新潟斎藤会長は、森ゆうこを統一候補にするために、相当なご尽力をされたということも事実であり、
 
決して、単純な「連合叩き」が正義ではない、
 
ということが情報を得ているものの判断だろう。
 
そういうふうに分で、私は、森ゆうこさんに「連合についてどう思うか」と聞いた。
 
私の質問フレーズはこうだ。
 
「最後の質問で、ネット上にあふれている誤解をときたい。今ネット上では、新潟県知事選挙や東京10区を発端として連合たたきがすごいことになっている。
 
ただ、私は、連合新潟の斎藤会長が、参院選において野党共闘に力を尽くしたことを取材で知っているし、新潟の野党共闘関係者の中では、連合会長について、評価が高いことを知っている。
 
更には、新潟知事選においては、候補者がいない中で指示を出さないわけには行かなかったという事情も知っている。
 
民進の県連幹部が、連合の意思決定の「要因」に影響を与えてしまったことも取材で知っている。
 
そういう状況下で、自民党幹事長の二階さんが、連合会長と面会するなど、野党勢力を削ぐために戦略的に動いていると私は見ている。それを知らずか、市民は連合を叩き、二階さんの狙う方向に進んでいる。
また、その民進幹部を批判しても、次の衆院選に向けて、決していい状況を作り出さないだろうから、新潟の野党共闘側の関係者は、うまく今の状況をまとめて、次に勝つために向かっているのではないか、と私は見ている。
 
 
こういう仮説を私はたててみているが、森ゆうこさんから見て「連合」はどう思うか」
 
取材に基づく仮説を証明するための質問だ。
 
もちろん一切打ち合わせなどない。私の考えが間違えていれば、私が否定されるだけだ。
 
森さんの答えを箇条書きに書いておく、
 

 
「連合とは仲直りしている」
 
「連合は、私の選挙の急遽行ったゲリラ街宣に人を出してくれた。頼りになる。」
 
「(誰にでも会う)二階さんに学ぶと良い」
 
「ネット上に、(新潟連合に関して)そういう情報があるなら、それは間違いだ」
 

 
私は出来る限り、選挙に役立つ、勝つための「取材に基づく情報」を出していきたいと思う。
 
すでにあれから時間が流れ、新潟は、衆院選に向けて、ネット上の関心層の意識より、ずっと先に進んでいることがわかる。
 
連合は敵だ、という認識は、票を失わせ、運動量を落とさせる可能性がある。
 
選挙で勝ちたいなら「多くの人を味方につける」意識でポジティブに向き合っていきたい。
 
選挙に、戦略的に柔軟に向き合っていく人を増やしたいと思う。
 
私と一緒に何かをしたい人は、私をフォローして追いかけてください。
 
私はいつも協力者を求めています!
 
________

《メッセージ4》
________
 
以前大変失礼なお勉強会をしてしまった由布院から、新聞読み方講座の依頼が来た。それだけでうれしい。

 


本日の座間宮のメッセージは以上です。
いつもお読みいただいてありがとうございます。



━━━━━━━━━━━━━━
座間宮ガレイ
━━━━━━━━━━━━━━

・プロフィール
http://seijijousei.blogspot.jp/p/blog-page_5.html

・ブログ
http://seijijousei.blogspot.com/

・メール
amenohimoharenohimo@gmail.com

・Twitter
https://twitter.com/zamamiyagarei

・Facebook
https://www.facebook.com/garei.zamamiya

・無料メルマガ
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu

・TwitCasting
http://twitcasting.tv/zamamiyagarei
※登録すると放送ごとに通知が行きます。



【個人広告】
選挙ジョッキーオリジナル手染め紅型手ぬぐい
http://zamagoods.buyshop.jp/

首里の紅型工房カタチキさんが作ってくださったオリジナル紅型手染め手ぬぐいです。
色も3種。選挙ジョッキーファンにおすすめです。

スポンサードリンク3

このエントリーをはてなブックマークに追加
▼無料メルマガを購読。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu

0 件のコメント:

コメントを投稿

いつもお読みいただいてありがとうございます!コメントよろしくお願いいたします。