2015年6月18日木曜日

高村・ブーメラン・正彦が、過去に「集団的自衛権は憲法上許されない」発言 〜報ステ ウォッチ〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
報道ステーション(2015年6月18日)をウォッチした。高村正彦氏が1999年に、集団的自衛権について「憲法上許されない」と答弁していた。
スポンサードリンク



外務大臣を務めていた、若かりし頃の高村正彦の写真からの、与野党攻防のコーナー。


冒頭、さっそく、高村発言の追及について。民主党の玉木雄一郎衆院議員が、安倍晋三首相に追求していた。



今から16年前なのですね。小渕内閣で外務大臣を務めていた経歴がありますね。

ちょっと飛ばして、要点のみ。









お次は2002年の発言。





という具合に、過去の高村発言が紹介されているわけですね。

という振り返りVTRがあって、国会VTRに戻ります。




と、安倍晋三首相に質問。

安倍はというと。



今後の高村正彦のコメントに注目ですね。まず間違いなく、安全保障環境が変わってきた、というコメントでしょう。

というわけで、安倍内閣はこれ以上、国民に対して、わかりやすい説明はできない状況であり、割り切っています。あとは、審議時間をできるだけ早く80時間台に乗せて強行採決です。

そのために、予算委委員会内での安保関連法案に関する質問も「審議時間」に加算するという方針を打ち出しています。さらに、憲法学者の「違憲発言」で大炎上した憲法審査会も休止させています。

権力をフルに使ってできる限りのことをやっている状況です。

今後は維新をどう切り崩すかという動きしか残されていません。週刊新潮はこのタイミングで維新の松野バッシングをスタートしています。

スポンサードリンク3

このエントリーをはてなブックマークに追加
▼無料メルマガを購読。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu