2016年5月16日月曜日

5/16  座間宮のメッセージ「6/1解散説に仕掛けよう」「視野を広くしよう」「佐賀県の野党共闘について」

このエントリーをはてなブックマークに追加
皆様こんにちは!

現在座間宮ガレイは全国を勉強会で回っています。
昨日Facebookに投稿した座間宮ガレイのメッセージなどを中心に紹介します。
ぜひお役立てください。



▼【登録フォーム】無料メルマガで毎日とどけています。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu




 
【初出版をAmazonで予約】
一億総選挙革命/座間宮ガレイ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906913539/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4906913539&linkCode=as2&tag=zamamiyagarei-22
 

 
【個人広告】
選挙ジョッキーオリジナル手染め紅型手ぬぐい
http://zamagoods.buyshop.jp/

首里の紅型工房カタチキさんが作ってくださったオリジナル紅型手染め手ぬぐいです。
色も3種。選挙ジョッキーファンにおすすめです。
 


【運営情報】
座間宮の無料メルマガの運営にご協力ください。
お買い物の際は、以下のURLからしていただければ幸いです。

■楽天利用はこちらから
 http://www.rakuten.co.jp/?scid=af_pc_link_urltxt&sc2id=262089592

■Amazon利用はこちらから
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906913539/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4906913539&linkCode=as2&tag=zamamiyagarei-22

※皆様のお買い物の数パーセントが、無料メルマガの運営費になります。よろしくお願いいたします。


________

《メッセージ1》
________
 
もうすぐ札幌!オホーツク号頑張れ。
  

 
Φにて。みなさんとこの時間まであれこれお話。深い話になり充実した時間でした。人間の心と心の触れ合う話には、お土産がありますね。忘れないようにしたい瞬間がたくさんありました。呼んでくださったあの人に感謝です。
 
________

《メッセージ2》
________

昨日の勉強会では、とても良い議論が生まれました。

若者の投票率をあげたいという考えは、

⑴自分たちが勝ちたいから
⑵この国の未来をよくしたいから

のどちらに基づいているのかという議論です。

⑴の方が多いと思いますが、それは若者に見透かされるのではないか。
  

 
つまり、若者が出した答えを許容できるのか、ということでもあるのですね。

若者の願いと、高齢者の願いにはズレがある場合がありますし、利害が衝突することもあるし、同じ方このこともある。

どちらにしても、許容せざるをえないわけですからね。当たり前ですけど。

________

《メッセージ3》
________
 
エネルギーの使い方について。この国の大人の中には、どうやって投票する人を選べば良いのかわからない、という人たちが多くいらっしゃいます。そういう人に、選び方をお伝えしたり、考えてもらったりすることは、エネルギーの使い方として良いかなと思うのですね。時折、視野を広くして考えてみよう。
  

 
基本的には、考えて自分なりの答えを出すことが大事だなと思うんですよ。そういう人は常に自問自答していくようになりますから。私もそうありたいと思いますしね。出した答えが人それぞれ違ったとしても、悩んで出した答えならこの国を良い方向に向けさせるのではないかと思います。
 
________

《メッセージ4》
________
  
衆参同日選挙が来るという話が出回ってる。6/1解散説だ。
 
野党共闘ができれば、多くて80議席程度、与党議席が減る可能性がある。260議席程度に追い込むことを目指そう。
  
全国の勝手連は、野党共闘のテーブルをなる早で作ると良い。
 
こちら側が仕掛けて勝つ。肉食でいきましょ。
  

 
衆院選は、野党共闘できないとボロクソに負けるからね。参院選は、もはやほぼほぼ出来てるから。
 
参院選、まだ決定してないところもそっちに向けて流れできてるし、主要なところはもうできてる。
 
むしら参院選は終えて、衆院選に取り組むと良い!
 
小は大を兼ねるからね!
 
________

《メッセージ5》
________

佐賀県の野党共闘は、一点のみでまとまれるかに注目。加えて脱原発を争点にすると、まとまるものも、まとまらなくなるのではないか。
一点でまとまる、ということの大切さを改めて確認しておきたい。条件が増えれば増えるほど、票の拡大は小さくなる場合がある。
  

 
実に佐賀らしい!

中村氏は佐賀空港(佐賀市)へのオスプレイ配備計画や地方分権改革などを挙げ「中央主導で頭から押さえつけるような政治のやり方がまかり通っている」と安倍政権を批判し、「それを変えたい」と訴えた。
  

 
6月頭に、農協の推薦がどちらになるかが決まる。佐賀の農協組織は日本でも最も強いと言われ、前回の知事選の結果にも大きな影響を与えた。その構図に近づけようとするのが民進党側の戦略だと思う。勝つためにはまず大きなところからまとめる。
https://pbs.twimg.com/media/Cify4OKVAAAJu0I.jpg
  

 
福岡氏、中村氏が農政協へ推薦願
6月上旬に結論 夏の参院選
佐賀新聞 5月14日
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/311568
 

 
前回の佐賀県知事選挙では、取材時に農協組織の強さが何度も印象に残った。ある取材元は、自民はもう足腰が弱っている。実際には農協が選挙をしてきた、という指摘もあった。
 
また、自民の今村衆議が終盤戦で山口候補の支援に踏み切った。今村はその後、ご褒美で二階派入りを果たした。
 

 
佐賀は基本的に、自民も民主も保守。民主側は古き良き保守の香り。自民側は日本会議色が強く右傾化か。
佐賀は、佐賀の乱で、江藤新平を明治政府に殺られた過去がある。
中央政府のいいなりにならない保守として強さを発揮できるか。原口さん、大串さんのお二人のファンなので注目です。
 

 
個人的な見解を踏まえ、勝手な妄想を書き綴っているが、原口さん、大串さんときて、中村哲治さんと来たなら、個人的に盛りあがらざるをえない。
ちなみに私は先日、中村さんの後援会に入った。党員になるのと違い制約はない。その上で最も候補者に力を与えることができる。あなたも是非!
  

本日の座間宮のメッセージは以上です。
いつもお読みいただいてありがとうございます。



座間宮ガレイを追いかける方は以下のFacebookアカウントをフォローしてください。友達申請もお気軽に!
https://www.facebook.com/garei.zamamiya



毎週日曜夜9時からは選挙ジョッキー
こちらのURLにて!
http://twitcasting.tv/zamamiyagarei



▼激おこ!参院選・勉強会 本部 facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/1473840289600928/

▼勉強会のスケジュールなど
http://seijijousei.blogspot.jp/2015/10/blog-post_6.html

▼私のプロフィール
http://seijijousei.blogspot.jp/p/blog-page_5.html

━━━━━━━━━━━━━━

私に関心あるかたは気軽にフォローしておいかけてください。
https://www.facebook.com/garei.zamamiya

▼無料でお届け「政治情勢・秘書メルマガ」
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu

購読者は9400人を超えました。
ありがとうございます!



━━━━━━━━━━━━━━
座間宮ガレイ
━━━━━━━━━━━━━━

・プロフィール
http://seijijousei.blogspot.jp/p/blog-page_5.html

・ブログ
http://seijijousei.blogspot.com/

・メール
amenohimoharenohimo@gmail.com

・Twitter
https://twitter.com/zamamiyagarei

・Facebook
https://www.facebook.com/garei.zamamiya

・無料メルマガ
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu

・TwitCasting
http://twitcasting.tv/zamamiyagarei
※登録すると放送ごとに通知が行きます。

スポンサードリンク3

このエントリーをはてなブックマークに追加
▼無料メルマガを購読。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu

0 件のコメント:

コメントを投稿

いつもお読みいただいてありがとうございます!コメントよろしくお願いいたします。