2016年11月20日日曜日

11/20  座間宮のメッセージ「共産寄り市民運動のメリット、デメリット」他

このエントリーをはてなブックマークに追加
皆様こんにちは!

現在座間宮ガレイは全国を勉強会で回っています。
昨日TwitterやFacebookに投稿したメッセージを中心にこの無料メルマガで紹介しています。
ご登録して、ぜひお役立てください。

★★★お知らせ★★★

新しく、新聞読み方講座をスタートしました。
これからお勉強会を開きたい人のために企画書を書きました。

▼お勉強会を開く人のための「企画書」
https://docs.google.com/document/d/16qYgFx_eP02LDrjL_Y_1fhOLmQhj9NZ2XeK6--qyK00/edit?usp=sharing

▼【New!!】【本部】座間宮ガレイの「新聞☆読み方講座」
https://www.facebook.com/groups/1668035853511904/

▼【本部】座間宮ガレイの選挙お勉強会Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/1473840289600928/

▼【New!!】【スケジュール】お勉強会(選挙・新聞読み方)
https://docs.google.com/spreadsheets/d/11ZkkcmPCSShRE9wl1OhRs9xTNjuk9phHPTEXntKa_-k/edit#gid=0
※お勉強会のご依頼など、このメールにご返信すれば届きます。

▼【この無料メルマガの登録フォーム】毎日とどけています。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu

▼【初の著書】 一億総選挙革命/座間宮ガレイ
https://www.amazon.co.jp/dp/4906913539

★★★★★★★★★★

【運営情報】
座間宮の無料メルマガの運営にご協力ください。
お買い物の際は、以下のURLからしていただければ幸いです。

■楽天利用はこちらから
 http://www.rakuten.co.jp/?scid=af_pc_link_urltxt&sc2id=262089592

■Amazon利用はこちらから
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906913539/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4906913539&linkCode=as2&tag=zamamiyagarei-22

※何を購入しても、金額の数%が運営費になります。
よろしくお願いいたします。



________

《メッセージ1》
________
 

これは感動でしょ。議会傍聴席が満員。これは本当に素晴らしいこと♡
泣いちゃう子どもを連れて見られる席(部屋)があると最高。
(別室でガラス窓から見れる。音声もスピーカーで聞ける部屋)
そういう要望の声を上げていけば、また議会も変わるかも♡

Junko Isogaiさんのlive videoをシェア
新潟県議会 米山知事初心表明
https://www.facebook.com/junko.isogai.52/videos/880147908789474/


________

《メッセージ2》
________
 
振り返る北海道五区補選
 
古賀茂明さんを見た女子高生が一言。
「放送事故の人?」
このキーワードが、大衆向けの戦略を生むよね笑
 
________

《メッセージ3》
________
 
和田政宗、就職活動スタート!
維新入りめざす?

前回の参院選、日本のこころの比例票少なすぎて焦ってるよね!

宮城県選挙区のデータもどうぞ!
https://twitter.com/zamamiyagarei/status/799802781318062080


 
こういう姿勢を野党側もきちんとして、メディアへアピールすれば良いよね!

自民、新潟選出議員に異例の「特別指導」参院選、知事選連敗で若手テコ入れ
http://www.sankei.com/politics/news/161117/plt1611170030-n1.html


 
自民党ちんたい議連、民泊普及に向けた「平成28年総会決議案」まとめる
http://min-paku.biz/news/chintaigiren-ketsugian-h28.html
________

《メッセージ4》
________
 
超ながい呪文をとなえまーす!笑
市民連合が牽引して、市民運動が「共産より」になったことには、メリットとデメリットがある。
そうなったのは市民連合の公約と共産党の公約の重なりが極めて大きいことが理由だ。解決するには市民連合が全く新しい政策をたくさんあげて共産と重なる部分を小さくすることだろう。市民連合は公約を民進と重なる部分を大きくしていくことも今後戦略的に重要になる。また、
野党4党にはない、
「全く新しい政策立案」
もまた大切だ。一般有権者から広く支持される可能性のあるポピュラーな政策立案を期待したい。
今後、アメリカではトランプが内向きの経済政策を出し、ドルが上がり、円が安くなる。日経平均はじわじわ上がっていくだろう。つまりアベノミクスにとっては追い風だ。
ただ、以前と違うのは、オイルの価格が上がっていくこと。円安でオイルの値段が上がるのは日本経済にとってきついことですからね。
内閣支持率は、しばらくは安定期に入ると思います。
だからこそ、野党側はトリッパグレのない選挙をやらなくては、バランスを良くすることができない。
良い政治には、バランスが大切だ。政権を取れなくても、議席のバランスが良くなることで、自民党の政策立案能力もバランスをとるようになっていく。そうすることは国益に叶う。
さて、
上記で述べた、メリットとデメリットを書いておく。
メリットは「共産支持層の気持ちの拠り所ができた」ことだろう。これはとても大切なこと。理解されていると思えることは精神的な安定をもたらすからね。
デメリットは「市民側が共産色が強いとみなされ、民進党や連合との交渉が難しくなる地域もあった」ということだろう。ただしこれはマンパワーレベルの努力によって払拭することが可能だ(例 三重県市民連合)
なんにでもメリットとデメリットがあるので、これをもって市民連合を批判するのではない。
メリットデメリットを理解した上で、次にどう進むか。これが重要なことだ。
 

 
実は私、参院選後、私は戦略的に、行動を変えています。
私は、お勉強会のコンテンツを増やしました
・ガッツリ編
・おっかなびっくり編
政治に強く関心があるわけではないけれども、関心を持っているという層にむけて選挙の大切さを周知したいと考えたからだ。
なぜなら、僅差(1万票差)で勝負が決まった選挙が
5/45(10%以上)
だったからだ。
衆院選も当然、このような僅差の選挙が10%以上になることが考えられる。
衆院選小選挙区、約300の10%は、30選挙区だからね!
小選挙区全部で、選挙のお勉強会をしたいですね!笑 ぐせきのトリッパグレのない選挙をやることが大切です。
だからこそ、あたらしく選挙に参加したり投票したりするための草の根のムーブメントを戦略的に作りたいと考えたからだ。
・どんな政党に入れようとそれは自由。
・投票するもしないも自由。
・なんにもわかってなくても投票することでいい影響をもたらす。
これを理解する人が増えれば増えるほど、今後の日本は政治的に安定していくことになります(とは言え今後の日本の未来は嵐だとは思いますが)。
なんてことを、京都の祇園でのお勉強会の後でつらつら書いています。
私と同じ年代の女性がいらっしゃいました。おっかなびっくり層だと思います。悩んでいらっしゃいました。
同世代のかたと悩んで進んでいくことこそが、大切だと思っています。
割り切らずに、悩むこと。
これが政治を良くしますね!
ではでは!
 


本日の座間宮のメッセージは以上です。
いつもお読みいただいてありがとうございます。



━━━━━━━━━━━━━━
座間宮ガレイ
━━━━━━━━━━━━━━

・プロフィール
http://seijijousei.blogspot.jp/p/blog-page_5.html

・ブログ
http://seijijousei.blogspot.com/

・メール
amenohimoharenohimo@gmail.com

・Twitter
https://twitter.com/zamamiyagarei

・Facebook
https://www.facebook.com/garei.zamamiya

・無料メルマガ
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu

・TwitCasting
http://twitcasting.tv/zamamiyagarei
※登録すると放送ごとに通知が行きます。



【個人広告】
選挙ジョッキーオリジナル手染め紅型手ぬぐい
http://zamagoods.buyshop.jp/

首里の紅型工房カタチキさんが作ってくださったオリジナル紅型手染め手ぬぐいです。
色も3種。選挙ジョッキーファンにおすすめです。

スポンサードリンク3

このエントリーをはてなブックマークに追加
▼無料メルマガを購読。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu

0 件のコメント:

コメントを投稿

いつもお読みいただいてありがとうございます!コメントよろしくお願いいたします。