2015年8月10日月曜日

【参院選2016 情勢】内閣支持率・自公政党支持率を前回参院選2013と比較!現時点で低下は明らか!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年7月参院選まで1年を切った。現時点での情勢を分析するために、内閣支持率と政権与党の政党支持率を、前回2013年7月の参院選のものと比較してみた。結果は内閣支持率・与党政党支持率ともに、明らかに低下していることがわかった。
2016年7月参院選まで1年を切った。現時点での情勢を分析するために、内閣支持率と政権与党の政党支持率を、前回2013年7月の参院選のものと比較してみた。結果は内閣支持率・与党政党支持率ともに、明らかに低下していることがわかった。
スポンサードリンク


内閣支持率比較(読売新聞)

  • 2013年7月(参院選2013)
    61・5%
  • 2015年7月(現在)
    43%(−18・5
  • 2016年7月(参院選2016)
    ?%

政権与党支持率比較(讀賣新聞)

自民党支持率比較(讀賣新聞)

  • 2013年7月(参院選2013)
    43・5%
  • 2015年7月
    35・5%(−8・0
  • 2016年7月(参院選2016)
    ?%

公明党支持率比較(讀賣新聞)

  • 2013年7月(参院選2013)
    5・5%
  • 2015年7月
    3・5%(−2・0
  • 2016年7月(参院選2016)
    ?% 

与党支持率合計比較(讀賣新聞)

  • 2013年7月(参院選2013)
    49・0%
  • 2015年7月
    39・0%(−10・0
  • 2016年7月(参院選2016)
    ?% 

参院選2013年の与党得票率

  • 自民党 34・68%
  • 公明党 14・22%
  • 与党計 48・89%

情勢分析

前回参院選と2015年7月現在の世論調査を比較した。数値は、保守メディア讀賣新聞の世論調査結果を利用した。

内閣支持率も与党支持率(自民党+公明党)も明らかに低下している。2016年7月の参院選まで残り1ヶ月の間にどのように変化しうるのかに注目しておく。

選挙直前になると、内閣支持率政党支持率ともに、大きく変動する可能性があることにも注目だ。前回参院選では選挙直前に内閣支持率が大きく低下した。参院選の選挙は7月にあり、直前の通常国会での審議が世論調査に影響することがその理由の1つだろう。

2013年参院選の、与党の得票率合計は48・89%だ。奇しくも2013年7月時点の自民党と公明党の政党支持率(49・0%)と符合する。現在内閣支持率、与党支持率ともに大幅に低下しているが、2016年7月の参院選の与党得票率にどのように影響するのだろうか。

スポンサードリンク3

このエントリーをはてなブックマークに追加
▼無料メルマガを購読。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu