2015年9月11日金曜日

【衝撃!!】60年安保闘争の後の衆院選は自民党が圧勝していた!参院選2016はどうなる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
現在安保関連法案の審議が続き、抗議運動が続いている。私はこの抗議運動が来年の参院選にどのように影響するのかに強く注目している。

参考までに60年安保後の衆院選の結果をみると、自民党が圧勝していた。

六〇年安保闘争の真実―あの闘争は何だったのか (中公文庫)(注文済み)

情勢分析

現在、安保関連法案の審議が続き、抗議運動が続いている。内閣支持率は40%あたりと報じられている。

私はこの動きがどのように2016年7月の参院選(衆院選も?)に影響するのかに強い関心を持っている。

参考までに60年安保闘争後の第一次池田内閣における第29回衆院選の結果を見ておく。

安保闘争時の岸内閣は安保調印と同時に辞任を表明、その後に池田内閣が所得倍増計画を掲げて政権を運営した。

池田内閣になって約4ヶ月後に投票日となっている。

岸内閣への反発による安保闘争が、池田内閣に変わってから収まったと見ることもできるが、様々な要因があるだろう。

安保闘争のエネルギーはどこまで議席獲得への意志に繋がったのかは疑問だ。

今後の情勢を考える際に、1つ参考にするのはよいのではないだろうか。正常な危機感を持つことで未来を見通すことは可能だ。

議席比率

得票率


党派

得票数

得票率
議席
候補当選議席率
自由民主党22,740,27157.5639929663.4
日本社会党10,887,13427.5618614531
民主社会党3,464,1478.77105173.6
日本共産党1,156,7232.9311830.6
諸派141,9410.363410.2
無所属1,118,9052.839851.1
総計39,509,123100940467100
棄権・無効14,803,870



中選挙区にもかかわらず、自民党が57%の得票率で圧勝している。

スポンサードリンク3

このエントリーをはてなブックマークに追加
▼無料メルマガを購読。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu

0 件のコメント:

コメントを投稿

いつもお読みいただいてありがとうございます!コメントよろしくお願いいたします。