2015年9月10日木曜日

なんとトランプが、シリア移民を受け入れるべきと発言!大統領選は人格さえ変えるのか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
BBCによると、アメリカ大統領選挙に共和党から出馬中で、なおも支持率トップのドナルド・トランプ氏が、シリア移民を受け入れるべきだと発言し始めているというのだ。

黄金を生み出すミダスタッチ―成功する起業家になるための5つの教え


スポンサードリンク



トランプ氏の発言は以下の様なもの。
「私たちは第二次世界大戦以来、こんなもの見てないよ。重大な問題だし、どんどん悪くなってるだろ」
「概念は嫌いだけど、人道的見地から、何が起きてるかでやらなくちゃいけないよな」
「シリアに住むのは地獄だ。彼らは地獄に住んでる」
※もし翻訳に誤りがあればなんなりと教えて下さい。ただいま勉強中です。

過去にメキシコ移民に対する差別的発言などが大々的に報じられたトランプ氏だが、なおも支持率トップ。共和党以外から出馬しないという誓約書も書き、ひょっとすると本気で大統領を狙い、発言に気をつけているのか!

また、シリア問題の深刻さを強調することで、シリア介入について積極的な発言をする可能性もあるだろう(もうしてるのかな?)

ちなみに、BBCではmigrantsと記されており「移民」と訳すことにしました。EUではすでに難民という認識に改められています。

現時点でのシリア難民の数

讀賣新聞2015年9月10日朝刊
さて、日本の政治の皆さん、総裁選ではシリア難民の話題は一度も出ませんでしたね?どうすんのよこれ?

スポンサードリンク3

このエントリーをはてなブックマークに追加
▼無料メルマガを購読。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu

0 件のコメント:

コメントを投稿

いつもお読みいただいてありがとうございます!コメントよろしくお願いいたします。