2016年8月21日日曜日

8/21  座間宮のメッセージ「票を積むことに向き合う」他

このエントリーをはてなブックマークに追加
皆様こんにちは!

現在座間宮ガレイは全国を勉強会で回っています。
昨日Facebookに投稿した座間宮ガレイのメッセージなどを中心に紹介します。
ぜひお役立てください。




▼【登録フォーム】無料メルマガで毎日とどけています。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu




 
【初出版】
一億総選挙革命/座間宮ガレイをAmazonで注文
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906913539/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4906913539&linkCode=as2&tag=zamamiyagarei-22
 

 
【個人広告】
選挙ジョッキーオリジナル手染め紅型手ぬぐい
http://zamagoods.buyshop.jp/

首里の紅型工房カタチキさんが作ってくださったオリジナル紅型手染め手ぬぐいです。
色も3種。選挙ジョッキーファンにおすすめです。
 


【運営情報】
座間宮の無料メルマガの運営にご協力ください。
お買い物の際は、以下のURLからしていただければ幸いです。

■楽天利用はこちらから
 http://www.rakuten.co.jp/?scid=af_pc_link_urltxt&sc2id=262089592

■Amazon利用はこちらから
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906913539/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4906913539&linkCode=as2&tag=zamamiyagarei-22

※皆様のお買い物の数パーセントが、無料メルマガの運営費になります。よろしくお願いいたします。


________

《メッセージ1》
________
   
政治に関心がある人たちって、政治に関してこだわりがあるあまり、政党と同じで、主義主張が強くて、まとまることが難しいよね。

主義つまり「ism」こそが、ぶつかり合う原因だったりするんだよね。

これは国内の政党間問題でも、国際的な紛争問題でもそう。

もし、ismを主張する以上にまとまりたいのであれば、少しismを我慢するのは政治テクニックだよね。日本国内では、ismを我慢したら即座に命を奪われるということはなかなか起こりえないとは思うけど、感じ方は人それぞれ。

もしそのismを我慢することができるならだけどね。我慢したら即生命に関わるのならば我慢することは難しいけどね。

我慢しなくてはいけないということではないけど、我慢すればまとまるというのが政治テクニックとして便利だよということがわかればね、我慢することの戦術的な意味がわかって面白いよね。

沖縄の運動では「運動は鈍角で」っていう有名なフレーズがあるけどさ。つまりismを鋭くしすぎないようにすることが大切という意味なんだろう。経験則から生まれた「コツ」なんだよね。

コツを知らない人間は、「俺の考えが正しい」という短絡的な手法「しか」ない。選択肢がないんだよね。選択肢がない人は頭が硬い。そしてまとまれないんだよ。

あるいは、心のなかにあるismを、どの程度カドを丸くして表現するのかってのもテクニックだよね。表現力でありコミュニケーション能力だよね。

あとさ、政治に関わってる人って、基本時間がある人が多くて、時間がある分、考えを深めちゃって、それを「お披露目」したいという気持ちもあるんだろうと思う。

ただ、それをお披露目することで誰かに貢献できるならいいけど、貢献できないならただの自己満だからね。

まとめようとしている人が細かい政治的な主義を強く主張しているのをよく見るけど、それまとめようとしてるのかという(笑)。逆なんだよね。まとめようとしている人は、我慢することがテクニックなんだよね。

そんなことを思うよ。ウェブは人と人をつなげるけれども、まとめづらいツールなのではないかとも思う。

みんなはどう思うのよ?
 

(以上、1年前の投稿より)
 
ずっとおんなじこと言ってるんだな。進歩してないな笑


________

《メッセージ2》
________
 
岡田氏、出馬を正式表明 10月の千曲市長選 | 信濃毎日新聞[信毎web]
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160820/KT160819ATI090009000.php

日露首脳会談:9月2日にウラジオストクで - 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160820/k00/00m/030/015000c


「海南省を『南シナ海省』に改称すべき!」=専門家の提案が話題に
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=148099
 

産経ニュース
参院選「野党共闘はプラス」 民進党県連、新代表に羽田氏 長野
http://www.sankei.com/region/news/160820/rgn1608200025-n1.html
 
 
東京新聞:
山本一太さん出馬検討 自民県連会長選 選挙戦の可能性も:群馬(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/list/201608/CK2016082002000180.html

 
________

《メッセージ3》
________

動員選挙は、票を拡大しない。
 
共産党を中心にした動員選挙は、だめだ。元々の支持層以上には増えない。
 
旧来の支持層で埋まる選挙をどう回避するか。
 
新しい聴衆の数が把握できなくなればムードが読めなくなる。
 

 
辛口になるが、参院選においても共産党は市民選挙のフリはできるようになっていたと思う。ただ、擬態にすぎない。本当に勝ちたいなら、共産党の幹部の応援も控えるくらいの思い切った戦略が必要になるかもしれない。幹部が入っても組織の引き締めにしかならない。
________

《メッセージ4》
________
 
これも厳しめの指摘。動員に参加する暇があれば集票。スタンディングする時間も集票。票を積むことに向き合わなければいけない。
 
友達に電話できるか。知らない人に電話するのは知人に電話し終わってやることがなくなってからでいい。むしろ友達をどれだけ固められるかに集中するくらいでいい。
 
________

《メッセージ5》
________
 
過去は過去。相手を責める前に自分の行いを改める。ちゃんと過去を背負って未来に活かすこと。人生ってその連続でできてるんだと思う。
 




本日の座間宮のメッセージは以上です。
いつもお読みいただいてありがとうございます。



座間宮ガレイを追いかける方は以下のFacebookアカウントをフォローしてください。友達申請もお気軽に!
https://www.facebook.com/garei.zamamiya



毎週日曜夜9時からは選挙ジョッキー
こちらのURLにて!
http://twitcasting.tv/zamamiyagarei



▼激おこ!参院選・勉強会 本部 facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/1473840289600928/

▼勉強会のスケジュールなど
http://seijijousei.blogspot.jp/2015/10/blog-post_6.html

▼私のプロフィール
http://seijijousei.blogspot.jp/p/blog-page_5.html

━━━━━━━━━━━━━━

私に関心あるかたは気軽にフォローしておいかけてください。
https://www.facebook.com/garei.zamamiya

▼無料でお届け「政治情勢・秘書メルマガ」
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu

購読者は9400人を超えました。
ありがとうございます!



━━━━━━━━━━━━━━
座間宮ガレイ
━━━━━━━━━━━━━━

・プロフィール
http://seijijousei.blogspot.jp/p/blog-page_5.html

・ブログ
http://seijijousei.blogspot.com/

・メール
amenohimoharenohimo@gmail.com

・Twitter
https://twitter.com/zamamiyagarei

・Facebook
https://www.facebook.com/garei.zamamiya

・無料メルマガ
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu

・TwitCasting
http://twitcasting.tv/zamamiyagarei
※登録すると放送ごとに通知が行きます。

スポンサードリンク3

このエントリーをはてなブックマークに追加
▼無料メルマガを購読。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu

0 件のコメント:

コメントを投稿

いつもお読みいただいてありがとうございます!コメントよろしくお願いいたします。