2015年6月5日金曜日

さっそく軍事目的ODA開始!フィリピンから巡視船10隻受注

このエントリーをはてなブックマークに追加
ODA武器輸出フィリピン
朝日2015年6月5日
日本とフィリピンの間で武器輸出交渉への協議がスタートすることが報じられている。ただし、すでに、ODAを利用して、日本は巡視船10隻受注が決まっている

スポンサードリンク


日経でも報じられている。
ODA巡視船受注
日経2015年6月5日
受注額は約128億円。ODA案件。日本国での建造だから、このお金は日本企業に流れる。25人乗りの多目的船だとされているが、フィリピンでは「巡視船として使われる見通し」だ。南シナ海などで警備活動に使われるとされる。

フィリピンは、南シナ海における警備活動の協力を日本に求め、安全保障関連法案の成立をのぞんでいる。

同時に、日本企業の誘致を行うべく動いている。日本の経済界はフィリピン進出についてどのように考えるのだろうか。当然ながら、南シナ海のリスクがあるのと同時に、インフラが整っていないフィリピンでのビジネスの困難さについて検討しているだろう。

フィリピンは、中国始動のAIIBに参加しながら、日本にも属しを伸ばし、投資を募る。南シナ海での危機を利用して、日中に競わせているようにも見える。

スポンサードリンク3

このエントリーをはてなブックマークに追加
▼無料メルマガを購読。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu