2015年9月29日火曜日

【国民連合政府 脅威の共産党選挙協力】秋田県の選挙情勢 自民優勢なんとゼロ! 衆院選各小選挙区と参院選秋田県選挙区(1人区)の試算結果とデータベース公開!

このエントリーをはてなブックマークに追加
共産党が国民連合政府を提案してから、時事通信などが参院選の試算結果を報道している。私は多くのウェブ上の協力者を得て、2014年の衆院選のデータベースを作成し、野党間の選挙協力が行われたと仮定して、試算している。

今回は衆議院議員選挙の秋田県の衆議院議員選挙における各小選挙区の試算結果と、参議院議員選挙における試算結果を発表する。

今だから小沢一郎と政治の話をしよう

スポンサードリンク


このエントリーでわかること。

  • 試算方法
  • 衆院選 秋田県の各小選挙区の試算結果
  • 参院選 秋田県選挙区の試算結果
  • 試算結果データベース(1)衆院選 秋田県の全小選挙区試算のまとめ
  • 試算結果データベース(2)衆院選 秋田県の各小選挙区の試算結果
  • 試算結果データベース(3)参院選 秋田県選挙区(1人区)の試算結果

試算方法

  • 2014年第47回衆議院議員選挙の開票結果をもとにデータベースを作成
  • 全小選挙区の候補者別得票数を「党派別」でデータベース化
  • 維新の党の動向がまだ未確定のため、野党間協力を2通りで試算。
  • (試算1)民主・共産・社民・生活
  • (試算2)上記に維新を含める
あくまで、2014年第47回衆議院議員選挙において、共産党を含めた野党間協力が行われたと仮定した試算にすぎない。次回の選挙の参考にとどめるのがよい。

衆院選 秋田県の各小選挙区の試算結果

2014年の衆院選を、共産党を含めた野党協力が行われたと仮定すると、以下の試算結果となる。

維新の党の選挙協力がなかったと試算

2014年第47回衆院選と比較して、

明らかに自民党が優勢な選挙区は、「−2」。

明らかに野党が優勢な選挙区は、「±0」。

接戦の選挙区は、「2」となった。

維新の党の選挙協力があったと試算

2014年第47回衆院選と比較して、

明らかに自民党が優勢な選挙区は、「−3」。

明らかに野党が優勢な選挙区は、「±0」。

接戦の選挙区は、「3」となった。

参院選 秋田県選挙区の試算結果

参院選の試算結果を、共産党を含めた野党協力が行われたと仮定すると、以下の試算結果となる。

維新の党の選挙協力がなかった場合の試算結果

自民が優勢という試算結果。2010年参院選の結果から変動なし。

維新の党の選挙協力があった場合の試算結果

接戦という試算結果。2010年参院選の結果から変動。

それでは、データベースを見てみよう。

試算結果データベース(1)衆院選 秋田県の各小選挙区試算のまとめ



与党野党接戦
試算1102野党に維新含めず
試算2003野党に維新含む
2014衆院選30

試算結果データベース(2)衆院選 秋田県の各小選挙区の試算結果




2014衆院選試算結果1試算結果2


与党合計


野党計 民共社野党計 +維新
秋田県第1区66,388自民接戦接戦74,80274,802
秋田県第2区82,046自民接戦接戦67,94867,948
秋田県第3区94,096自民自民接戦14333102816
合計242,530


157,083245,566

さらに詳しく党派別の得票数などのデータベースを見たい方はこちらをどうぞ。

試算結果データベース(3)参院選 秋田県選挙区(1人区)の試算結果



与党2010参院選試算結果1試算結果2野党計 民共社野党計 +維新
秋田県選挙区242530自民自民接戦157083245566

以上になります。

これらは個人が独自で作成しているデータベースと試算だ。個人の力には限界もある。誤りや疑問などがあれば、コメントにどうぞ。

スポンサードリンク3

このエントリーをはてなブックマークに追加
▼無料メルマガを購読。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu

0 件のコメント:

コメントを投稿

いつもお読みいただいてありがとうございます!コメントよろしくお願いいたします。