2015年6月4日木曜日

【安保国会】なんと長谷部恭男氏(与党推薦の憲法学者)まで集団的自衛権を「違憲」と主張【衆議院憲法審議会】

このエントリーをはてなブックマークに追加
長谷部恭男NHK報道より
衆議院憲法審査会の参考人質疑で、与党が推薦した憲法学者・長谷部恭男氏が、集団的自衛権に対して「違憲」を主張した。与党内で驚きの声が広がっている。

スポンサードリンク

『衆議院憲法審査会で参考人質疑が行われ、安全保障関連法案について、「従来の政府見解では説明がつかない」という指摘や「憲法9条に明確に違反している」といった意見が出され、出席した3人の学識経験者全員がいずれも「憲法違反に当たる」という認識を示しました。

衆議院憲法審査会で行われた参考人質疑では、出席した3人から、後半国会の焦点となっている安全保障関連法案について意見が出されました。

この中で、自民党、公明党、次世代の党が推薦した、早稲田大学法学学術院教授の長谷部恭男氏は、「集団的自衛権の行使が許されることは、従来の政府見解の基本的論理の枠内では説明がつかず、法的安定性を大きく揺るがすもので憲法違反だ。自衛隊の海外での活動は、外国軍隊の武力行使と一体化するおそれも極めて強い」と述べました。

民主党が推薦した、慶応大学名誉教授で弁護士の小林節氏は、「仲間の国を助けるため海外に戦争に行くことは、憲法9条に明確に違反している。また、外国軍隊への後方支援というのは日本の特殊概念であり、戦場に前から参戦せずに後ろから参戦するだけの話だ」と述べました。

維新の党が推薦した、早稲田大学政治経済学術院教授の笹田栄司氏は、「内閣法制局は、自民党政権と共に安全保障法制を作成し、ガラス細工と言えなくもないが、ぎりぎりのところで保ってきていた。しかし今回の関連法案は、これまでの定義を踏み越えており、憲法違反だ」と述べました。』
(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150604/k10010102971000.html)
つまり、すべての政党が推薦した憲法学者が、安保関連法案に対して「違憲」であると判断したこととなる。

今後、国会での審議に重大な影響が出る可能性がある。


スポンサードリンク3

このエントリーをはてなブックマークに追加
▼無料メルマガを購読。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu