2015年6月29日月曜日

読売まで煽る!朝日は「恐怖政治」!自民党勉強会「文化芸術懇話会」での報道規制発言

このエントリーをはてなブックマークに追加
自民党勉強会「文化芸術懇話会」
自民党勉強会「文化芸術懇話会」での不規則発言について、週明けから国会で追及される。読売は2面。朝日も閣僚経験者の「恐怖政治」というコメントを引き合いに出して報じている。
スポンサードリンク


讀賣新聞朝刊2015年6月29日
『「恐怖政治だ」自民党内、執行部に不満も 報道威圧問題
笹川翔平2015年6月28日21時37分(朝日新聞)

 安倍晋三首相に近い自民党議員でつくる勉強会で、沖縄の地元紙を含む報道機関を威圧する発言が出ていた問題をめぐり、自民党執行部は勉強会の代表者らを処分したことで早期の幕引きを図る。ただ、党内では「恐怖政治だ」との不満がくすぶり始めたほか、野党も国会で引き続き追及する方針。余波は今後も続きそうだ。

 「軽率な議論で自民党の姿勢に誤解を与えた。まことにけしからん事件だ。申し訳なかった」

 自民党の谷垣禎一幹事長は28日のNHK番組で、25日の「文化芸術懇話会」に出席した議員が「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番」と発言したり、講師に招かれた作家の百田尚樹氏が「沖縄の二つの新聞社は絶対につぶさなあかん」などと述べたりしたことについて陳謝した。

 自民党は27日、懇話会代表の木原稔・党青年局長を1年の役職停止に、問題発言をした議員3人を厳重注意とした。28日に秋田市で講演した菅義偉官房長官は勉強会問題には触れず、安保関連法案について「今国会で何としても成立させていただきたい」と訴えた。

 党内には、勉強会の発言について「面白かった」と賛同する声がある一方、閣僚経験者の一人は「同じ自民党として恥ずかしい」と批判する。さらに、党内で主立った政権批判は出ていないものの、安倍首相(党総裁)や谷垣氏らの判断で代表者更迭などとした対応には不満の声が上がりはじめた

 ある派閥領袖(りょうしゅう)の一人は党幹部に「木原氏が発言したわけでも、発言を促したわけでもない」と抗議。首相に近いベテラン議員も「処分すると責任を認めたことになる。一気呵成(いっきかせい)に更迭するのは問題だ」と話す。

 また、党執行部は問題発言に過敏になり、若手議員の番組出演にまで締め付けを強める。27日未明放送のテレビ朝日の討論番組「朝まで生テレビ!」では、出演を決めていた複数の議員を呼び出し、出ないよう指示。議員は「日程の調整がつかない」という理由で出演をとりやめた。これに対し、党三役経験者は「圧力だ」と批判。閣僚経験者の一人は「恐怖政治だ」と指摘する。

 野党は攻勢を強める。28日のNHK番組で、民主党の福山哲郎幹事長代理が「トカゲのしっぽ切りではまったく収まらない」と批判。民主は勉強会の発言内容に関して謝罪を拒む安倍首相を追及する方針だ。安保関連法案を審議する衆院特別委員会は7月6日に沖縄県で参考人質疑を開く。民主幹部は「問題はまだ終わらない」と話す。(笹川翔平)』
(http://digital.asahi.com/articles/ASH6X5QSHH6XUTFK001.html)

情勢分析

6月25日の問題が尾を引いている。野党が週明けから追及するのは既定路線だが、自民党内から、安倍晋三首相や谷垣幹事長に対する不満の声が出ているという。

どちらにせよ、この問題は思っているより簡単に終わらないようだ。

今日報道された日経の世論調査では、自民党の支持率はマイナス5。 内閣の支持率がマイナス酸になったことと比較してマイナスが大きい。勉強会「文化芸術懇話会」での不規則発言が原因の可能性がある。

野党から見れば、安保関連法案に加えて追及の材料が増えた形だ。すでに谷垣幹事長は謝罪の意を表明しており、今後安倍晋三首相がどのように対応するのかに注目が集まる。

またこの問題は、報道規制だけではない。沖縄に対する誤解を広めた。すでに沖縄では保守・革新問わず、百田発言に対する抗議の声が上がっている。沖縄選出の議員の動きにも注目が集まる。報道規制問題、沖縄問題という複雑に絡み合った問題となっている。

スポンサードリンク3

このエントリーをはてなブックマークに追加
▼無料メルマガを購読。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu