2015年6月23日火曜日

【戦後70年安倍談話】なんと閣議決定せず、個人的な談話として発表の方針!

このエントリーをはてなブックマークに追加
中国や韓国から牽制され続けてきた「戦後70年安倍談話」の内容だが、政府は安倍談話を閣議決定せず、「個人的な談話」として発表する方針と報道されている。
スポンサードリンク


戦後70年安倍談話閣議決定せず
朝日朝刊2015年6月23日
  • 閣議決定したメッセージは「首相談話」
  • それ以外は「首相の談話」

情勢分析

戦後70年に発表される安倍談話の内容に対しては、中国や韓国から牽制され続けてきている。秋には日中韓首脳会合が計画されており、この場所で同時に日韓首脳会談となる可能性もある

ただし戦後70年談話の内容によっては開催されない可能性もある。中国は現在日本と近づいているムードだが、安倍談話への強い牽制を忘れたことはない

これを重要視してきた日本政府は、春から有識者の懇談会を立ち上げて内容を検討し続けてきた。

そしてここにきて、戦後70年安倍談話を閣議決定しないという方針と報じられている。つまり政府公認の談話ではないという。内容に対しての中韓からの批判をかわすことを目的としている。つまり、裏返せば、中韓から批判されうる内容を検討している可能性がある。具体的に言えば「植民地支配」や「おわび」といった文言を入れない可能性がある。

ただし、対外的にこれで丸く収まるのかどうかがわからない。おそらく外務省は中韓と水面下で接触して、この形式でうまくいくのかをすりあわせていることだろう。まだ方針の段階でうまく世論の動きを見ているに違いない。

スポンサードリンク3

このエントリーをはてなブックマークに追加
▼無料メルマガを購読。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu