2015年9月1日火曜日

カジノ収入35・5%減(8月マカオ)!中国経済が傾けばカジノは傾く!

このエントリーをはてなブックマークに追加
中国の経済成長の鈍化と規制強化によって、マカオのカジノの収入は下がっている。なんと15ヶ月連続で減少だ。日本ではカジノ法案は提出は先送りとなっている。つまり日本は乗り遅れているわけだ。だがそのせいでカジノによって被害は出ていない。

スポンサードリンク

情報資料

8月のマカオのカジノ収入は35.5%減 中国の景気鈍化が追い打ち

2015年 09月 1日 16:24 JST

[香港 1日 ロイター] - マカオ政府が1日発表した統計によると、8月のカジノ収入は前年同月比35.5%減の186億パタカ(23億ドル)と、15カ月連続の減少となった。ぜいたく品支出に対する中国当局の規制強化に加え、中国経済の鈍化が追い打ちをかけた。アナリスト予想は36─38%減少だった。
(http://jp.reuters.com/article/2015/09/01/macau-gambling-revenue-idJPKCN0R12YN20150901)

情勢分析

中国当局の規制強化の影響だ。中国の規制強化は、広範囲に経済の停滞を招いている。国内のインフラ関連のビジネスにおいても、外資系が二の足を踏んで居るとされる。

カジノはこれまで中国の富裕層のマネーロンダリングに利用されてきた。当局が規制を強めることで、富裕層の利用者は二の足を踏んでいるのだろう。

日本のカジノの機運にも水を差す可能性がある。当然日本でカジノを建設するのは中国客を見込んでのことだ。今国会でもカジノ法案は見送られている。

日本はカジノに乗り遅れている分、中国経済の悪化の影響を受けずに住んでいる。しばらくは日本のカジノへの機運は高まらないかもしれない。

スポンサードリンク3

このエントリーをはてなブックマークに追加
▼無料メルマガを購読。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu

0 件のコメント:

コメントを投稿

いつもお読みいただいてありがとうございます!コメントよろしくお願いいたします。