2015年6月8日月曜日

政界大激震!読売世論調査 集団的自衛権の賛否が逆転!反対「41%」から「48%」に!

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新の6月の世論調査(読売)を先月と比較してみると、安全保障関連法案に関して、民意が大きく動いていることが判明した。安保関連法案の賛否が、大逆転していたのだ。
スポンサードリンク


それでは、読売世論調査の5月、6月を比較してみる。

読売世論調査5月

◆自民党と公明党は、集団的自衛権の限定的な講師を含む、新たな安全保障法制について合意しました。これについてお聞きします。
◇新たな安全保障法制は、日本の平和と安全を確保し、国際社会への貢献を強化するために、自衛隊の活動を拡大するものです。こうした法律の整備に、賛成ですか、反対ですか。
・賛成   46
・反対   41
・答えない 13

読売世論調査6月

◆現在、国会で審議されている、集団的自衛権の限定的な行使を含む、安全保障関連法案についてお聞きします。
◇安全保障関連法案は、日本の平和と安全を確保し、国際社会への貢献を強化するために、自衛隊の活動を拡大するものです。こうした法律の整備に、賛成ですか、反対ですか。
・賛成   40
・反対   48
・答えない 12

まとめ

5月 賛成多数
6月 反対多数

賛否が完全に入れ替わってしまっている。ちなみに読売6月の報道では、この調査結果を比較して報じてはいない。

スポンサードリンク3

このエントリーをはてなブックマークに追加
▼無料メルマガを購読。
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikkurikaesu